NEWS&BLOG

ニュース&ブログ

2019年03月20日

成年後見業務において気を付けたいこと

 【2019.3.22】

私が所属している「コスモスふくおか」は

成年後見を中心に取り組んでいる

一般社団法人です。

今回は3月の神奈川県支部所属で

業務管理委員長の岡本 祐樹先生より

「成年後見業務において気を付けたいこと」

という内容で講義していただきました。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
朱雀行政書士事務所ブログサイトにご訪問いただき誠にありがとうございます。
 
遺言作成や相続手続、成年後見制度の利用を 専門業務としてサポートさせていただいています。
 
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
   
研修していただいた岡本 祐樹先生は

一般社団法人コスモス成年後見センター神奈川県支部に

所属され、業務管理委員会の委員長も務めておられます。

今回は「成年後見業務において気をつけたいこと」

と題して、岡本先生が今までされてきた成年後見の

経験から特に気を付けたたいことを中心に事例を交えた内容の研修で

大変参考になりました。

ご本人の意思を尊重しながら、ご本人の保護を後見人として

考えることの難しさについて触れておられました。

話しは少し変わりますが

最近発表された最高裁の成年後見制度に対する基本的な考え方として、

後見人にふさわしい親族など身近な支援者がいる場合は、

本人の利益保護の観点から親族らを後見人に選任することが

望ましいと提示しました。

これは、成年後見制度の利用が低迷している現状を踏まえて

提示されたものです。

私自身も親族で信頼できて任せられる方がおられる

場合はその方が後見人になられるのが一番いいと思っています。

成年後見制度を利用されるご本人や親族のご希望が少しずつでも

実現されるよう日々考えて実行していく事が必要だと感じます。





▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲ ▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
  
【遺言・相続・成年後見に関するご相談お受けいたします】
 
朱雀行政書士事務所では、
 
遺言作成・相続手続・成年後見制度利用のサポートを
 
させていただいております。
 
お困りのことがございましたら
 
お電話かお問い合わせフォームよりご連絡ください。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
 

 


 
次の記事へ