認知症サポーターってご存知ですか?

先月8月に福岡県中間市でキャラバン・メイト養成研修が開催されました。

応募者多数の中、受講することができましたのでご報告したいと思います。

認知症はだれでもなる可能性のある病気です。

いつ自分や家族が、あるいは友人や知り合いが

認知症になるかわかりません。

認知症サポーターは認知症について正しく理解し、

偏見を持たず、認知症の人や家族に対して温かい目

で見守ることで認知症の人やその家族の「応援者」

となることを目的としています。

今回私が受講したのは、その認知症サポーターを

要請する講座を自治体事務局と協働して開催する

講師役を養成する講座になります。

平成17年にはじまったこの取り組みは

最初の5年間で100万人のサポーター

を養成することを目標にしていましたが、

5年経過する前に達成され(平成21年5月末)

現在では・・・・・

認知症サポーター数 合計 10,365,230人

(うちキャラバン・メイト数 149,766人)[平成30年6月30日]

となっています。さらに2020年の年度末までに

1200万人誕生させるという目標が掲げられています。

「認知症になっても安心して暮らせる町づくり」にむけて

福岡県行政書士会・コスモスふくおかでは「よりそう法律家」

「高齢者(認知症の方)に身近な行政書士」を目指し、

福岡県行政書士会の行政書士の認知症サポーター500名の

養成を計画しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる